XMのMT4のインストール手順について解説します。

MT4インストールの前に

MT4をインストールする前にしておくべきことは

  • XMの口座開設(デモ口座でも、リアル口座でも可)
  • MT4のダウンロード

の2点です。

他にも、VPSサーバーを使いたいのであればサーバー契約などが必要になります。

XMのMT4ダウンロード

1.ダウンロードしたMT4のsetupファイル(.exe)をクリックする

2.セットアップ画面が開く

セットアップ画面が開くので、同意書を読んだうえで「はい、上記のすべてのライセンス条項に同意します。」にチェックを入れます。

チェックを入れると「次へ」ボタンが押せるようになります。

3.インストール画面になる

インストール中の画面が表示されます。インストールが完了すると「次へ」ボタンが押せるようになります。

4.デスクトップにMT4起動のショートカットができる

5.ショートカットアイコンをクリックする

6.MT4が開く

この状態でも、MT4は起動できるのですが、右下を見てみると

「回線不通」

となっています。

ソフトは起動できていますが、XMの口座にはログインできていない状態です。これではトレードはできません。

7.ログインする

メニューバー「ファイル」→「取引口座にログイン」をクリックします。

  • ログインID
  • パスワード
  • サーバー

を入れて、「ログイン」ボタンをクリックします。

ログインIDとサーバーは、XM口座開設時に「XMへようこそ」というメールが登録したメールアドレスに届いているはずですので、そこに記載されています。

パスワードは、XM口座開設時に自分で設定したものです。忘れた場合はパスワードの再登録を行いましょう。

パスワードのログイン画面に「パスワードをお忘れですか?」というリンクがあります。

8.ログイン完了

入力した情報に誤りがなければMT4へのログインが完了します。

右下の通信状態が「回線不通」から青と緑の数字が表示されている状態になればログイン成功です。

FXトレードができる状態になっています。

9.インストール・ログイン成功

まとめ

XMのMT4インストールは慣れれば難しいことはありません。

ありがちな失敗は「インストールはできたけど、ログインID、パスワード、取引サーバーを間違えてしまってログインできない。」というものです。

上手く、ログインができない場合は、今一度ログインID、パスワード、取引サーバーが間違っていないか確認しましょう。