XMもMT5を利用できるようになりました。今回はXMのMT5について解説します。

MT5がついに登場!

MT5はMT4の新バージョンです。

Windowsでも、XP → Vista → 7.0 → 10.0
iPhoneでも、5.0 → 6,0 → 7.0

とどんどんソフトウェアは進化していくのが当たり前なのです。

「だったらMT5の方が良いの?」というとそうではありません。

MT4のインジケーターやEAとMT5は互換性がないのです。(以前の開発言語では互換性がなかったのです。)

プレステ4でプレステ3のソフトが動かないようなものです。

元々、MT4は非常に簡単なプログラム言語で開発ができたため、世界中でプログラムを少しかじったぐらいの投資家でも、簡単にインジケーターやEAが開発できたので、急速にインジケーターやEAの数が増え、利用者も増えたのです。

MT5では

  • 両建てができない
  • MT4のインジケーターやEAで旧言語のものは使えない
  • 動作が重い

というデメリットがあるので、リリースされたのが2011年にも関わらず、全然普及しない、海外FX業者もダウンロードを用意しない形を取っていたのです。

しかしながら、開発元のMetaQuotesも、MT4のインジケータ、EAからMT5仕様に対応させ、MT5への緩やかな移行をすすめたい意向があり、徐々にMT5の利用者も増えているのです。

  • MetaQuotes社からの圧力があったのか?
  • 利用者が増えてきたからなのか?

わかりませんが、海外FX業者でもMT5もMT4と一緒にダウンロードできるようにするところが増えてきています。

XMもその流れに乗って「MT5」のダウンロードを可能にしたのです。

XMのMT5

 

  • 個別株、株式指数、FX、貴金属、エネルギーを含む300以上の金融商品
  • 1つのログインで7つのプラットフォームへアクセス
  • 最狭0pipsのスプレッド
  • EA機能を完全装備
  • ワンクリック取引とニュース配信
  • 全注文タイプに対応
  • 80以上のテクニカル分析ツール
  • 最新価格クオートで見る市場の深さ
  • ヘッジング可能

XMのMT5の種類

XMで提供されているMT5プラットフォームは

  1. Windows対応MT5
  2. Mac対応MT5
  3. MT5ウェブトレーダー
  4. iPad対応MT5
  5. iPhone対応MT5
  6. Android対応MT5
  7. Androidタブレット対応MT5

の7つです。

タブレットとスマホは同じものですので、基本的には5種類です。

MT5ダウンロード手順

1.XMのウェブサイトに行く

http://www.xmtrading.com/jp/mt4

2.お好きなプラットフォームを選択する

3.ダウンロードする

4.インストールする

5.ログインする

口座開設時に入手したサーバーを選択し、ID/PASSを入力してログインします。

すでにXMの口座をお持ちの方は、追加口座として「MT5口座」を開設する必要があります。

マイページから「追加口座」を開設する。

6.MT5が使える状態となります。

まとめ

まだまだ、MT5自体はデメリットが大きく、導入に二の足を踏む投資家が少なくありません。しかし、徐々にMT5対応のインジケーターやEAも増え、機能も改善されてきていることから、裁量トレード中心の投資家であれば、MT5に切りかえてみても良いかもしれません。