XM(エックスエム)のXMスタンダード口座はどうなのでしょうか?XM(エックスエム)のXMスタンダード口座とその評判について解説します。

XMスタンダード口座とは?

名前の通り、XMのメインの口座です。

多くの投資家はスタンダード口座を開設することになります。

元々は、初心者向けのマイクロ口座とスタンダード口座では

  • 最低入金額
  • 最大レバレッジ

に差があったのですが、商品改定により

  • 最低入金額:5ドル
  • 最大レバレッジ:888倍

とマイクロ口座とスタンダード口座はほぼ同じ設定となっています。

スプレッドも同じです。

じゃあ、マイクロ口座とスタンダード口座は何かというと

ロット数の違いだけです。

  • マイクロ口座:1ロット=1000通貨
  • スタンダード口座:1ロット=100,000通貨

となっています。

MT4の注文画面で設定できるロット数

0.01
0.02
0.03
0.04
0.05
1.00
2.00
3.00
4.00
5.00
6.00
7.00
8.00

ですから、

マイクロ口座を選んだ場合

1回の注文で持てる取引量

0.01(10通貨)~0.05(50通貨)
1.00(1000通貨)~0.08(8000通貨)

最大で8000通貨ですから、1万通貨の取引は複数ポジションを持つしかないのです。

スタンダード口座であれば

1回の注文で持てる取引量

0.01(1,000通貨)~0.05(5,000通貨)
1.00(100,000通貨)~0.08(800,000通貨)

こちらも1万通貨という単位はありませんが、1000通貨~80万通貨まで選べるので、予算が5万~10万円程度ある投資家であれば、こちらの方が使い勝手が良いはずなのです。

一般的な投資家であればスタンダード口座を選んでおけば間違えないと言い切れます。

XMスタンダード口座のスプレッドと手数料。マイクロ口座、ゼロ口座との比較

最小スプレッド

口座の種類取引手数料
(片道)
最小スプレッド
米ドル/円
最小スプレッド
ユーロ/円
最小スプレッド
英ポンド/円
最小スプレッド
豪ドル/円
最小スプレッド
カナダドル/円
最小スプレッド
ユーロ/米ドル
最小スプレッド
豪ドル/米ドル
マイクロ口座/STP無料1.001.001.801.001.301.001.00
スタンダード口座/STP無料1.001.001.801.001.001.001.00
ゼロ口座/ECN5ドル0.000.000.000.000.000.000.00

平均スプレッド

口座の種類取引手数料
(片道)
平均スプレッド
米ドル/円
平均スプレッド
ユーロ/円
平均スプレッド
英ポンド/円
平均スプレッド
豪ドル/円
平均スプレッド
カナダドル/円
平均スプレッド
ユーロ/米ドル
平均スプレッド
豪ドル/米ドル
マイクロ口座/STP無料1.802.703.903.703.601.702.10
スタンダード口座/STP無料1.802.703.903.703.601.702.10
ゼロ口座/ECN5ドル0.450.701.600.901.000.300.60

トレードコスト合算(手数料込)

口座の種類取引手数料
(片道)
トレードコスト合計
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
トレードコスト合計
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
マイクロ口座/STP無料1.001.80
スタンダード口座/STP無料1.001.80
ゼロ口座/ECN5ドル1.001.45

XMスタンダード口座の評判の良い点

  • 最低1000通貨からのトレードが可能
  • 最高888倍のレバレッジ設定
  • 最低入金額5ドル(500円)

XM(エックスエム)XMスタンダード口座の評判の悪い点

  • ECN口座よりスプレッドが広い

XM(エックスエム)XMスタンダード口座に関する考察

スタンダード口座はマイクロ口座と比較しても、取引量の違いしかありません。

  • 最大レバレッジも同じ888倍
  • 最低入金額も同じ5ドル
  • スプレッドも同じ

ですから、初心者であっても、最低取引量1,000通貨で問題ないのであれば、スタンダード口座を選んだ方が良いと言えます。

ECN口座よりスプレッドが広い

というデメリットはあるものの、大きな違いがあるわけではありません。

特別XMでECN口座(ゼロスプレッド口座)を使いたい方以外は、スタンダード口座を選んでおけば失敗ということはないでしょう。

XMは複数口座の開設が容易にできるため、使いにくいと感じたら、別の口座を作れば良いだけです。

まとめ

XMスタンダード口座は、その名の通りXM(エックス)でメインの口座となっています。決めかねている方は、取りあえずXMスタンダード口座を作っておけば、大きな問題はありません。