XM(エックスエム)のXMマイクロ口座はどうなのでしょうか?XM(エックスエム)のXMマイクロ口座とその評判について解説します。

XMマイクロ口座とは?

XMマイクロ口座とは

1ロット=1000通貨、最低入金額5ドルでトレードができる初心者向けの口座のことです。

大きな特徴は「1ロット=1000通貨」であることです。

日本国内のFX業者の1000通貨から取引可能ということと意味が異なります。

MT4では0.01ロットからトレードが可能です。

海外FXでは一般的に「1ロット=10万通貨」ですから、MT4を使っているFX業者の場合「0.01ロット=1000通貨」からトレードが可能になるのです。

XMマイクロ口座のように「1ロット=1000通貨」の場合は、MT4なので「0.01ロット=10通貨」からトレードが可能だということです。

最低ロットが10通貨というと

1ドル=100円が1ドル=101円に100pips上昇したとした場合

  • 10通貨 = 10ドル = 利益10円

ということになります。

100pipsでも10円という損益ですから、デモ口座レベルでお金の心配なく、トレードをすることが可能です。

XMマイクロ口座のスプレッドと手数料。スタンダード口座、ゼロ口座との比較

最小スプレッド

口座の種類取引手数料
(片道)
最小スプレッド
米ドル/円
最小スプレッド
ユーロ/円
最小スプレッド
英ポンド/円
最小スプレッド
豪ドル/円
最小スプレッド
カナダドル/円
最小スプレッド
ユーロ/米ドル
最小スプレッド
豪ドル/米ドル
マイクロ口座/STP無料1.001.001.801.001.301.001.00
スタンダード口座/STP無料1.001.001.801.001.001.001.00
ゼロ口座/ECN5ドル0.000.000.000.000.000.000.00

平均スプレッド

口座の種類取引手数料
(片道)
平均スプレッド
米ドル/円
平均スプレッド
ユーロ/円
平均スプレッド
英ポンド/円
平均スプレッド
豪ドル/円
平均スプレッド
カナダドル/円
平均スプレッド
ユーロ/米ドル
平均スプレッド
豪ドル/米ドル
マイクロ口座/STP無料1.802.703.903.703.601.702.10
スタンダード口座/STP無料1.802.703.903.703.601.702.10
ゼロ口座/ECN5ドル0.450.701.600.901.000.300.60

トレードコスト合算(手数料込)

口座の種類取引手数料
(片道)
トレードコスト合計
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
トレードコスト合計
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
マイクロ口座/STP無料1.001.80
スタンダード口座/STP無料1.001.80
ゼロ口座/ECN5ドル1.001.45

XMマイクロ口座の評判の良い点

  • 最低10通貨からのトレードが可能
  • 最高888倍のレバレッジ設定
  • 最低入金額5ドル(500円)

XM(エックスエム)XMマイクロ口座の評判の悪い点

  • ゼロ口座よりもスプレッドが広い

XM(エックスエム)XMマイクロ口座に関する考察

XMマイクロ口座はこれ以上ないぐらいの低リスクでトレードができる口座になります。

  • 500円というワンコインでトレードが可能
  • 最低取引量が10通貨
  • 最大レバレッジ888倍

という設定は、海外FX業者の中でも他に例がないほど、初心者にやさしい設定となっています。

  • ランチ代程度のコストでゲーム感覚でハイレバレッジトレードを楽しみたい方
  • はじめての海外FXだからこそ、はじめは投資額を抑えて試したい方
  • ある程度儲けられる確信を得るまでは小さいリスクでトレード経験を積みたい方
  • デモ口座では物足りないが、大きなお金を賭けるのは怖いと考える方

におすすめな口座となっています。

まとめ

最低取引量以外はスプレッドも、レバレッジも、最低入金額も、スタンダード口座と変わりはありませんので、10通貨~1000通貨を基準にトレードをしたい方は、マイクロ口座、1000通貨~10000通貨を基準にトレードをしたい方はスタンダード口座という形で選ぶことをおすすめします。