XM(エックスエム)は賞金額が高額なトレードコンテストを実施している海外FX業者として定評があります。今回はXM(エックスエム)のトレードコンテストの評判について解説します。

XM(エックスエム)トレードコンテストの概要

トレードコンテストとは

ある期間中に「自分の資金を何倍にできたのか?」でFXのトレード能力を競うコンテストのこと。

です。

海外FX業者の規模によっては、数千万~数億円の賞金総額のトレードコンテストとなっています。

XM(エックスエム)が直近で開催しているトレードコンテスト

百万ドルFXワールドチャンピオンシップ

ルール

  • コンテスト形式での取引はUSD通貨のみで表示される仮想資金を利用します。
  • コンテスト参加者には各予選ラウンドで使用するための$10,000の仮想資金が提供されます。
  • 10回すべての予選ラウンドで各予選ラウンドからの上位5名(合計50名のコンテスト参加者)が準決勝ラウンドに進出
  • 決勝ラウンドに参加する50名のコンテスト参加者のうち10名のみが決勝ラウンドに進出
  • 決勝ラウンドはライブコンテストイベント

予選ラウンドの賞金

1位 $11,500
2位 $7,250
3位 $5,500
4位 $4,300
5位 $3,200
6位 $2,200
7位 $1,500
8位 $1,000
9位 $800
10位から12位 $460
13位から15位 $360
16位から18位 $250
19位から27位 $190
28位から36位 $170
37位から45位 $150
46位から54位 $130
55位から63位 $120
64位から72位 $110
73位から81位 $100
82位から90位 $90

準決勝ラウンドの賞金

1位 決勝戦のライブイベントに無料で参加
2位 決勝戦のライブイベントに無料で参加
3位 決勝戦のライブイベントに無料で参加
4位 決勝戦のライブイベントに無料で参加
5位 決勝戦のライブイベントに無料で参加
6位 決勝戦のライブイベントに無料で参加
7位 決勝戦のライブイベントに無料で参加
8位 決勝戦のライブイベントに無料で参加
9位 決勝戦のライブイベントに無料で参加
10位 決勝戦のライブイベントに無料で参加

決勝ラウンドの賞金

1位 $150,000
2位 $100,000
3位 $75,000
4位 $40,000
5位 $35,000
6位 $30,000
7位 $25,000
8位 $20,000
9位 $15,000
10位 $10,000

決勝イベントはタイで行われ、テレビ放映されます。10名のファイナリストが$500,000の賞金総額をかけて戦います。決勝戦参加に伴う費用は全てXMが負担いたします。

コメント

実際に1位になれば賞金は15万ドルです。つまり、日本円にすれば1702万円です。さすがに世界規模のトレードコンテストは規模が違います。

日本のFX会社には「景表法(景品表示法)」というキャンペーンの上限が決まる法律があるので、このような夢のある企画はできないのです。

しかも、決勝ラウンドだけでなく、各予選ラウンドでも、1位で100万円を超える賞金がもらえるので、トレードに自信がある方であれば、トレード以外の実益を兼ねた楽しみにもなっているのです。

参加は「仮想通貨」ですので、実際にお金は不要です。※海外FX業者のトレードコンテストにはリアルマネーで参加するものもあります。

XM(エックスエム)入金ボーナスの評判の良い点

  • 優勝賞金が1000万円を超える高額なものも多い
  • 資金力は関係なく、同じ資金を何倍に増やせたかで競うため公正
  • 100位近くの下位でも賞金が出る
  • 仮想通貨で競うので損をしない

XM(エックスエム)入金ボーナスの評判の悪い点

  • トレードコンテストの期間が長い
  • 参加者が多いと競争率が高い
  • 仮想通貨の場合、自分のリアルマネーでのFXトレードとは別でやらなければならない

悪い点はありますが、デメリットらしいデメリットはありません。

まとめ

XM(エックスエム)のトレードコンテストはとにかく規模が大きいものが多いようです。今回のトレードコンテストは、もう予選が終わってしまってますが、決勝はタイでテレビ放映というビックイベントとなっています。

XM(エックスエム)は、世界中に200万人を超える投資家がいるため、開催するトレードコンテストの規模も大きく、1位の優勝賞金は1700万円、賞金総額が1億円を超えます。

参加自体は仮想通貨ですし、100位以下にも賞金がもらえるコンテストとなっているので、初心者でも、リスクなく参加できるトレードコンテストとなっています。

宝くじを買うよりも、競争率は圧倒的に低く、自分のトレード能力のみで、元手なしで戦えるので、おすすめのトレードコンテストになっています。